KS鉛スッテ, イカメタル, エサ巻きエギ, オモリグ, キーストン, ケンサキイカ, モンローエギ夜焚きチューン, 早福型 -

平戸NO.1イカ1本釣り漁師のもとで勉強会

平戸No.1とされる、イカ釣り漁師さんの

のもとで毎年恒例、勉強会に行って来た。

イカ釣りの考え方、エギやスッテに求めること、イカの扱い方など

毎年勉強させて頂いてる。

「漁師と釣り人は違うから」とたまに言われますが

釣り方(仕掛け)も同じ、考え方も同じなんです。

今回もいろんなことを学ぶことが出来、発売予定の商品テストも行いました。

モンローエギ2.5号 夜焚きチューン

釣り場について、ライト点灯まで1時間弱ありましたが

その明るい時間帯も十分釣れます。

この日はなんと開始1投目からHIT!

最終段階まで来たテスト品「モンローエギ2.5号夜焚きチューン」

テスト開始から早5年。大変お待たせしましたm(_ _)m   

7月発売に向け最終調整を行ってます。

このエギは、その名の通り夜焚きイカ釣りでの使用を考えており

中オモリを使った「オモリグ」イカメタルの「ドロッパー」「胴付き仕掛け」

様々な仕掛けに対応するエギになっている。

漁師が求める要素を取り入れる

このモンローエギ2.5号夜焚きチューンは

漁師が夜焚きイカ釣りで使うエギに求める要素を取り入れている。

「スローフォール」「発光」「傘針」「耐久性」「動き」

発売まで今しばらくお待ちください。

この日、ライト点灯前の明るい時間で船中50ハイとまずまずのスタート。

ライト点灯後、数が伸びるかと思いきや北の風が強くなり

反応がイマイチ。そんな中でも釣れるのは・・・

早福型は良型連発

漁師は全ての仕掛けで、エサ巻きエギの早福型をセット。         

コンスタントに数を伸ばしていきます。

なぜすべての仕掛けで早福型をセットするのか。

中型~大型サイズが良く釣れるから、と漁師は言う。

浮きスッテを付けても釣れるんだけど、小型中心になってしまうと。   

事実として大型のほうが市場で高値がつく。

全ての仕掛けに早福型をセットするのは、そういった理由からである。

今年はカナトフグが多い

夜焚きイカ釣りの厄介者といえば「カナトフグ」

正式名称は「シロサバフグ」漁師は「ブクト」と言ったりもする。

このフグは、スッテをかじってきて仕掛けを切っていく。

また大好物のイカを追い回すので、イカが散り

HITしたイカをボロボロに齧っていく。

そのカナトフグが今年は例年以上に多く、活性が高い。

今年はこのカナトフグ対策は北部九州では重要になってくる。

最終的な釣果は

この日、風が強く条件が悪かったこともあり

いつもの半分以下だったという水揚げでしたが

それでも船中(3人)でケンサキイカ200ハイ超え。

オモリグと鉛スッテ中心で攻めた私は34ハイ。

今回も多くのことを学ぶことが出来ました。

1本釣り漁師が早福型中心に仕掛けをセットする理由。

その早福型に巻く餌の違いによるイカの反応の違いなど。

今後も、積極的に漁師さんのもとで勉強し、商品開発に役立てて参ります。