エサ巻きエギ, バックドリフト, 早福型, 邪道エギ, 邪道編 -

邪道エギのバックドリフト釣法

早福型や早福型/邪道編を使った

「電気浮き仕掛け」と、エギングスタイルの「邪道エギング」


backdrift.jpg

この図を見て頂ければわかると思いますが、

イカが浮いている場合や、海面を意識している場合は

電気浮き仕掛けが有利な場合があります。

ただ、底付近にイカがいる場合は、電気浮き仕掛けでダイレクトに狙うのは難しい。


先日の釣行では、活性の高いタイミングでは電気浮き仕掛けで

コンスタントにきましたが、ちょっと活性が下がると

電気浮き仕掛けに反応しなくなり、邪道編単体のエサ巻きエギングにかえると

コンスタントとはいかないものの、底付近でのHITも。


そう、電気浮き仕掛けでは拾えないイカを

邪道エギングだったら、拾うことができる。


イカが浮いていても、沈んでいても

流れが緩くても、速くても

水深が浅くても、深くても

イカのいる棚がわかっていなくても


邪道編を使ったエサ巻きエギングだったら、全てに対応し

答えを探してくれる。


やはり、冬時期のヤリイカ、ケンサキイカ、スルメイカ釣りには、かかせないな、と。


電気浮き仕掛けにも、良さはあるんですが

準備の大変さ、トラブルの多さ、飛距離、

トータルで考えると、邪道エギングが有利かな。


それから、3.5号というのが重要で

2.5号、3.0号となると飛距離も落ち、風の影響を受けやすくなり

流しにくくなる。

4.0号だと、大きすぎる。

やはり3.5号。


他にも、グローも大事。素材の発泡ウレタンも大事。餌を乗せた際のバランスも大事。

詳しくは→http://www.keystonebrand.jp/pages/products/sasaika/

早福型/邪道編が年々支持を集めている理由は、やはり釣れるから!でしょう!


邪道編で、楽しいイカ釣りを!

 

 

 


コメントを残す