EGI SHARP α

EGISHARP α 4.3

エギシャープシリーズに「α」が追加発売。

「プラスアルファの1杯を」「プラスアルファの楽しさを」というコンセプトをもとに3.5号、3.8号ではなかなか 獲ることが出来なかったターゲットを狙う。

周知の事実であるがエギのサイズが変わることで、イカの反応も変わってくる。これは、単にサイズダウンによる抱きやすさもあるが サイズアップによる水中での安定性やアピール力の違いがもたらす釣果差も考えるべきである。


まずは2024年3月に4.3号V0+を、4月に4.3号V1を発売する。

今後、4.3号V0やV2、2.5号や3.0号、4.8号なども企画考案中

大型傘針&強化カーボンシャフト

3.5号、3.8号に採用している傘針は「KS06号」。ごく一般的なサイズの傘針であるが、2キロ3キロを超えるイカには少し 頼りないサイズでもあった。そういったこともあり今回の4.3号は、通常4.5号や5.0号で採用している大型の傘針「KS10号」を採用。 また、その傘針を固定するシャフトは、強靭なカーボン製シャフト2.5mmをセレクト。

ただ、安易に大型の傘針を採用すると、傘針の重量が重くエギ後方に重心が移動してしまいバランスが悪くなる。

KS06号傘針1個の重量は0.82g、KS10号傘針1個1.45g。 約2倍の重量差となる。それをカバーするのが、ボディ浮力とシンカー重量位置のベストなセッティング。

※写真左が4.3号(KS10号)、右が3.8号(KS06号)

水中での安定性とシャクリの軽さ

大型のアオリイカを狙う場合、磯場での釣行も多くなるだろう。

磯場は、潮の流れやウネリ、風の影響、磯の地形などにより複雑な流れとなり エギを安定させるのが難しい。それをカバーするのが4.3号の潮なじみ、潮受けの良さによる水中での安定性である。

4.3号は3.5号クラスのエギと比べ格段に安定させやすいが、その反面シャクリが重く軽快な動きが劣ってしまう。しかし、エギシャープα4.3号は安定性はそのままに シャクリを軽くするためにボディ形状を0.1mm単位で微調整し、シャクリの軽さと軽快な動きを実現した。

 

水中での安定性とシャクリの軽さで大型のアオリイカを魅了する

重量25g以下のメリット

開発当初のプロトモデルは重量が28g程度あった。エギ大分プラプラ4.5号が31gの重量であることを考えれば28g程度になるのは当然であったが 当初より目標重量を25g以下と設定していた。なぜその重量目標にしていたのか。それは

・1タックルしか持って行けない磯場や、リーフエッジでエギローテーションの1つにしてもらいたい

・長時間シャクリ続けても、疲れにくいシャクリの軽さを実現したい

そういう思いからであった。ただ、開発期間が長くなってしまった理由の一つが、この25g以下の重量クリアが非常に難しかったからである。 何度も金型を作り直し微調整を行い、4.3号V0+(23g)、4.3号V1(24g)を実現した。

・4.3号V0+(23g)は3月30日12時~より販売開始
・4.3号V1(24g)は4月中旬頃販売開始予定

※ある程度在庫ご用意しておりますが売り切れの場合はご予約販売に切り替えます。
※ご予約販売は、生産上がり次第発送いたします。発送目安1~2週間
※画像をクリックしますと商品ページへ移行します。