キーストン, ティップラン, ボートエギング, レッドモンスター -

種子島ティップラン!レッドモンスターを狙え!

全国的なイカ不漁の2018年。

そんな中でも大きいアオリイカが釣りたい。レッドモンスターが釣りたいという願望を抑えきれずやって参りました種子島。

今回お世話になったのは超有名船「豊生丸」。レッドモンスターを追いかける者では知らない人はいない凄腕船長が操船する憧れの遊漁船です。

いつもは開拓等で不安いっぱいの釣行が多いのですが、今回ばかりは安心して釣行が出来ます。

今回の狙い方はティップランスタイル。重い専用エギを単体で攻めるのと、俗にいうお助けリグといった、エギを二つもしくはナス鉛等で重りを取る方式になります。

種子島周辺で狙う水深は約15m~40m程度。エギは40g~100g位まで用意しておくのが無難です。もちろん単体で100gのエギは無いので仮面シンカーやナス型鉛等をご用意ください。

エギのサイズは4.0号~5.0号が望ましいです。

今回はティップラン専用エギのテストを兼て、4.0号と4.5号を試して来ました。

PEラインは0.8~1.0号、リーダーは3~4号、最低でも150m以上は巻いてください。

 

およそ一年ぶりの種子島。今回は赤侍こと金城さんも一緒です。

高速船トッピーで種子島に到着後、宿で荷物を降ろして早速のスタート。

べた凪の中快適にスタート!しかしべた凪なので船が流れてくれません(笑)なかなか厳しい開幕の中ヒット!

ヒットエギはモンローエギモンスターチューン4.0号ティップランプロトタイプ。3段傘針で掛かった獲物を逃しません。

レッドモンスターを狙うティップランで一番大切なのは実はアワセです。通常のシロイカ系アオリイカをねらうティップランと違い、即フッキングは厳禁です。

前アタリをしっかりと捉え、送り込んでしっかり抱きこませてアワセを入れます。相手は3キロを超えるレッドモンスター。ちょん掛かりだと身切れする確率がぐんと上がります。

また、抱きこませたうえで大切なのはエギの噛み応え。しっかり嘴の食い込むモンローエギならばエギを離すことを極力抑えれます。

ベストなバランスで高感度なエギであるからこそ、しっかりと前アタリを捉え、しっかりとフッキングが可能になるのです。

誘い方は人それぞれ、イカそれぞれ。べた底だけを狙うのではなく大きくしゃくり上げることも大切になります。

イカは魚探では反応せず、ベイトを魚探で探すことが多くなります。ベイトについているイカのタナをしっかりと探ることが大切になります。

また、しっかりエギを動かすことも大切です。ワンピッチジャークで10回しゃくり上げたり、ツーピッチジャークで大きくしゃくり上げたりと試すことが大切です。

掛けた後は無理なやりとりをしないことが大切です。ドラグは緩めに設定して、寄せてきている最中に締めたくなるのを抑えてそのまま巻きます。

今回の釣行は渋い状況にも関わらず、4キロオーバーを頭にして3キロ後半の数も取れました。

もしこれが状況のいい年だったらと考えたら、おそろしくも感じます。

今年のシーズンは7月まで釣れそうな種子島ティップランエギング。

目標4キロという夢の世界に是非チャレンジされみてください!

釣行写真

written by HAYAKEN