report RSS

アオリイカ, エギシャープ, キーストン, シズクグロー, レッドモンスター -

レッドモンスターを狙いに鹿児島県喜界島に行って参りました。 喜界島は鹿児島から南へ約380km、奄美大島から東へ約20km。島の多くがサンゴ礁で出来ていて、今現在も毎年2mmほど隆起しているそうです。成長を続ける島に、進化を続けるキーストンが挑んできました。 鹿児島からおよそ11時間、フェリーに揺られ目的地まで。フェリーの中は快適で、売店やシャワーなどもありました。ほとんどを寝て過ごし、朝の4時半に喜界島に到着となりました。この日はシケによる条件付き航海となり、着岸場所が平常時の反対側の港となりました。 今回は、キーストンフィールドサポーターの若松さんと若松さんのお父さんにガイドをして頂き、いろいろなポイントを案内して頂きました。心強い味方に感謝です。 初日は夕方から、リーフがメインとなる磯場に入りました。夕マヅメのタイミングでいい雰囲気の中シャクリますが、ヒットしてきたのはアオリイカの中でも小型なクワイカ系アオリイカが1杯のみ。潮止まりのタイミングで移動しました。 2カ所目は堤防から。横風が邪魔をする中なんとか釣りに集中します。完全に時合が過ぎた23時頃、隣でシャクっていた若松さんのお父さんにヒット。丁寧に寄せてくると2700gの良型のアカイカ系アオリイカ。群れが寄ってきたのかと思いきや、その後は再度沈黙。 ヒットエギはエギシャープ3.8号V1プロトカラー そこから1時間後、フルキャスト後、丁寧に誘い続けて足元付近にエギが来た時にジワッと抑えるようなアタリが。アワセを入れて寄せてくると1400gのこちらもアカイカ系アオリイカ。目標としていたレッドモンスターには程遠いが待望のアカイカ系アオリイカにホッとしました。ただし狙うはレッドモンスター。気合を入れ直しシャクリ続けます。 しかし、この日は900gのアカイカ系アオリイカを追加しただけであとは続かきませんでした。 2日目、赤侍こと金城太志郎さんと合流する為空港へ向かいます。若松さんと3人で合流しお昼ご飯を食べた後、夕方に向けて準備開始です。この日はこの遠征唯一風が収まる日、準備する手に力が入ります。 ポイントに到着し後から来られた地元アングラーの方々に撮影の断りを得てから釣行スタート。 夕マヅメが過ぎ、辺りも完全に暗くなり時合スタートかと思ったのですが、完全に沈黙。周りには4人の地元アングラーの方々が来ていたのですが、いずれもノーヒット。風が収まっても釣れるとは限らない。遠征の難しさを再確認しました。 そんな沈黙を破ったのは赤侍さん。「よっしゃ~!!」竿は大きくしなっている。 キャッチしたイカは2550gの良型アカイカ系アオリイカ。良型に思わず笑みが零れる。遠征でキャッチしたイカはひとしお嬉しいものです。 その後は潮も動かず、トラフコウイカを追加しただけとなった。 翌日は台風並みの爆風となり、安全の為に釣りは中止となりました。これも遠征あるある。天気はどうしようもありません。 まったく知らない土地、喜界島での遠征は終わった。運よくアカイカ系アオリイカにも出会えたが遠征はやはり難しい。常に新しいものに挑戦し、夢を追い続けることをあきらめない限り、いつかこの手にまだ見ぬサイズのレッドモンスターをキャッチできると信じて。 使用タックル ロッド:ダイワ STOIST AGS 80LM SMT  リール:ダイワ イグジストLT2500 ライン:サンライン ソルティメイト PE EGI ULT HS8 PE0.7号240m リーダー:サンライン EGI Leader FC HARD 3.0号 エギ: キーストン エギシャープ written by Hayaken

続きを読む

アオリイカ, エギシャープ, エギング, キーストン -

長崎県西海市 冬のショアエギングに行って参りました。 今年は暖冬もあって海水温の落ち方は少し緩く、アオリイカの釣果も昨年より調子が良いようでよく耳にします。 この時期は海水温が一番大切になります。探すポイントとしてはまずは海水温が高いこと、出来れば16℃以上が望ましいです。16℃を下回る場合は水温が安定していることが大切です。上げ、下げで大きく水温が変わるような場合は芳しくない事もあります。意外なワンドの奥など、水温が安定していればイカが溜まっていることもあります。 前週に下の写真の1300gを釣ったのですが、その時は潮がよく流れるポイントでヒットしたのはボトムすれすれ、底べったりに居ました。アタリも小さく反応も鈍かったので今回はワンドが絡む、潮がゆっくりと当たりベイトが絡むポイントを選択しました。 エギシャープ3.8号V2 レッドブラックベースパープルで底べったりで喰ってきたイカ。 朝マヅメ、薄暗い時間帯から釣り場に入り本命ポイントまで歩きながらキャストを繰り返し場所移動。V1、V0+とこまめにエギを変えながら、底、中層と丁寧に探ります。 ベイトは確認できますがイカの反応か芳しくなく、追尾してくる個体もエギと同等のサイズでした。   次第に風も強くなり、風の影響を受けにくい湾奥へ。普段なら素通りするような小さなワンドの中心にキャスト。着底後に3シャクリ入れてフリーフォール。風が巻いているので無理にテンションを張らずに出来る限りナチュラルにフォールさせます。するとフォール中に一瞬止まったラインがスーっと入っていく。アワセを入れるとそこそこサイズ。 ヒットエギは「エギシャープ3.8号V1リアルホロゴールドオリーブ」 1450g。この時期では良型サイズ。リアルホロゴールドオリーブはこの時期、低水温でも信頼のおけるカラーで安定的な釣果を今までも上げてきています。信頼するカラーの一つです。 一通り写真を撮った後に、また同じ場所へキャスト。同じように誘いを入れると今度は激しく持っていくアタリが。 上がってきたのは1700gの良型アオリイカ。これも同じく「エギシャープ3.8号V1リアルホロゴールドオリーブ」 激しく持って行くアタリの時は海中に他のアオリがいる可能性も。写真を撮ったあとにすぐにキャスト。同じく誘うと今度はそっと触るような優しいアタリが。 この日一番の引き。丁寧に寄せてくると1920gの2キロまでもう少しといった良型アオリイカ。   3投3杯。それも良型のアオリイカばかり。水温の安定したポイント。湾奥の普段は素通りするようなポイントに良型アオリが溜まっていました。これから水温が高くなっていくとアオリイカの付き場もどんどん変わっていきます。様々な状況に応じて、適したポイントを選ぶことが良型への最短の道だと思います。 春イカシーズン、間もなく開幕です! 使用タックル ロッド:ダイワ STOIST AGS 80LM SMT  リール:ダイワ イグジストLT2500 ライン:サンライン ソルティメイト PE EGI ULT HS8 PE0.5号240m リーダー:サンライン EGI Leader FC HARD 2.0号 エギ: キーストン エギシャープ written by Hayaken

続きを読む

エギシャープ, エサ巻きエギ, キーストン, 早福型, 邪道エギ, 邪道編 -

フィッシングショー大阪2019 本当に久しぶりとなったフィッシングショー大阪への出展となりました。今回はフィールドテスター金城と、プロスタッフ林の2名で業者日も含めて3日間ブースに立ちましたが、たくさんの方にお越しいただきました。遠くは九州からいらっしゃったお客様もいました。本当にありがとうございました。関西エリアの方々と直接お会いできたことは大変うれしく思います。今後も大阪の地に定期的に立てるように出来ればと考えております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。     written by HAYAKEN

続きを読む

KS鉛スッテ, イカメタル, オモリグ, キーストン, ケンサキSP, ケンサキイカ, モンローエギ夜焚きチューン, 早福型, 硬質発泡浮きスッテ -

キーストン主催イカメタル講習会 第3回「イカ釣らナイト!」のご報告。 キーストン第3回「イカ釣らナイト!」 第3回目の開催となりましたキーストンイカ釣らナイト、今回も無事に開催となりました。 今回お世話になった船は呼子吉栄丸様、初の平日開催ということで計7名での釣行となりました。 2週連続台風の間、唯一の凪の日でのピンポイント出船となり、大いに期待してましたが、魚の猛攻にあい釣れたイカが食われまくる。フグに真鯛にサゴシのヨコワといった魚が仕掛けをイカごと奪っていきました。 しかし、海面まで上げて来れればそれはぼってりとした秋太のブドウイカ。良型も混じり釣る人40杯ほどの釣果となりました。 厳しい状況ではありましたが、参加者の皆さま、吉栄丸様、誠にありがとうございました。今年のイカ釣らナイトは今回で終了となります。また、来年開催いたしますのでよろしくお願いいたします。 written by HAYAKEN  

続きを読む